【日本一分かりやすい】労災保険制度とは何か?


こんにちは。Яeiです。
この記事では労災保険制度とは何かについて日本一分かりやすく解説していきたいと思います。

目次

目次
今いるのはここです
当記事の目的
当記事での目的について説明致します。
結論
結論を述べさせて頂きます。
詳細説明
詳細な説明をさせて頂きます。
まとめ
最後にまとめさせて頂きます。

当記事の目的

当記事では労災保険制度とは何かについて日本一分かりやすく解説させて頂きます。

労災保険は労働に関することで怪我を負った場合において、給付支援をしてくれる保険となります。対象となる条件は複雑なのですが、「業務で怪我をした場合」とざっくり覚えておいてもよいかもしれません。

Яei

給付対象となるのか複雑な場合は特殊なケースが多いです(例えば、帰宅時に飲み屋に立ち寄った際にお酒でふらふらで怪我をしたなど)。普通に業務にあたり、怪我をした場合はたいてい支給対象となるので覚えておきましょう。

結論

労災保険とは、
業務上または通勤による労働者の負傷・疾病・障害または死亡に対して労働者やその遺族のために、必要な保険給付を行う制度のこと。

社会保険の一種であり、もっと細分化すると労働保険の一種となります。
(労働保険は2種類あり、もう一つは雇用保険となります)

参考 労災保険とは東京労働局

詳細説明

1.労災保険とは

労災保険とは、
業務上または通勤による労働者の負傷・疾病・障害または死亡に対して労働者やその遺族のために、必要な保険給付を行う制度のこと。

ポイントは「通勤」も含まれている点となります。
また、正社員に限らず、パートやアルバイトも対象となります(アルバイト先で「労災」という言葉を聞いたことないでしょうか)

また、事業主が手続を行い加入し、さらに保険料も事業主が負担します。
そのため、被保険者にとっては知っているだけでお得になる制度となります。

対象となる条件ですが、私的な理由による怪我は対象外となるようです。
その他、対象ケースなどは以下がまとまっていて分かりやすいと思いますのでご参照下さい。

参考 労災保険とは?給付条件と申請手続きのしかた価格.com

なお、特殊なケースについては覚える必要まではありません。
自分が怪我をした場合、それが業務や通勤の延長上にあれば支給されるかも?ということで調べてみて下さい。

Яei

帰り道、寄り道をして夕食を食べたとします。この際に、負った怪我については故意でなければ労災対象となることもあります。通勤の延長なのか、業務の延長なのかは覚えておいて下さい。

2.労災対象なのに健康保険を使ってしまった場合

労災の場合、病院に行った際に経緯を話して労災で対応してもらいます。
そのため、健康保険証を見せて・・・などのいつも通りの対応をしてしまうと健康保険対象となってしまいます。
労災の場合、費用は自分は払いません。

では、健康保険で対応してしまった場合はどうすればよいのでしょうか。
これについては以下に分かりやすくまとめているサイトがありますのでご参照下さい。

参考 健康保険を使った時の対応、手続柳田社会保険労務士・行政書士事務所

まとめ

労災保険はアルバイトも対象となるので、高校生でも関係がある社会保険となってきます。
仕事内容にもよりますが、怪我をすることもあると思います。そうした際に、こうした制度があることを覚えておくと、出費が抑えられることでしょう。

是非とも覚えておいて下さい。