【日本一分かりやすい】生活保護とは何か?


こんにちは。Яeiです。
この記事では生活保護とは何かについて日本一分かりやすく解説していきたいと思います。

目次

目次
今いるのはここです
当記事の目的
当記事での目的について説明致します。
結論
結論を述べさせて頂きます。
詳細説明
詳細な説明をさせて頂きます。
まとめ
最後にまとめさせて頂きます。

当記事の目的

当記事では生活保護とは何かについて日本一分かりやすく解説させて頂きます。

生活保護は生活困窮者への支援制度となります。病気やケガで働けない場合に頼れる人がいないときにはとても頼りになる制度となります。この制度では最低限の生活が保障されるため、必ず知っておきましょう。この制度を知っておけば、いざというときの最後の頼みとなってくれるでしょう。

Яei

人生何があるか分かりません。起業して失敗して生活に苦しくなったといった話も少なからず聞く話です。そうした場合に、いざというときに生活保護がある!と知っておくだけでもだいぶ救われると思います。是非、みなさんに知っておいてもらいたい制度となります。
その一方で、不正受給問題や、そもそも金額が多すぎる問題もよくニュースなんかにあがりますよね。中々に難しい制度なんだと思います。

かねごんくん

結論

生活保護とは、
生活に困窮する人に対して必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的とした制度のこと。

なんだか漠然とした定義になりますが、要は決められた最低生活費に満たない収入の人に対して、満たない分を保障しますよ、といった制度になります(ざっくりとしてます)

しかし、お金を補填してくれるということで、需給条件はそれなりに厳しいものとなっております。本当にお金に困っていて、助けてくれる人もいなくて・・・といった人が対象となります。詳細は後述していきたいと思います。

参考 生活保護制度厚生労働省

詳細説明

1.生活保護とは

生活保護とは、
生活に困窮する人に対して必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的とした制度のこと。

地域に応じた最低限生活できる費用に満たない人かつ、両親兄弟などの支援者がいない場合に、最低限生活できる費用に満たない分を補填してくれる制度となります(実際にはもう少し手厚く生活を保障してくれます)

もちろん、需給条件は厳しく設定されております。まず、以下の流れで審査が行われます。

①生活状況等を把握するための実地調査(家庭訪問等)

②預貯金、保険、不動産等の資産調査

③扶養義務者による扶養(仕送り等の援助)の可否の調査

④年金等の社会保障給付、就労収入等の調査

⑤就労の可能性の調査

確かにこれをすべて通過していくということは生活困窮と定義しても何ら不思議はなさそうです。
この中でも特に③がかなりネックになっていると言われており、「扶養照会」と呼ばれる「支援できませんか?」という通知が親族にいくことになります。親族に知られたくない!という人はこれがネックで申請できないケースもどうやらあるそうです。
これはなんとなく納得する部分もありますね。
また、通過した後も以下のような作業が必要となります(当たり前ではありますが)。

①毎月の収入状況の申告

②年数回、ケースワーカーの訪問調査

③就労に向けた助言や指導

つまり、内容をただ眺めるだけだと本当に生活に困っている人の避難場所。そして再出発するための最終奥義みたいな感じですね。

2.受給額

先ほどちらっと話しましたが、決められた最低金額に満たない金額を補填してくれます。

問題は、決められた金額はどうやって分かるのか、という点です。これは各地域で異なってきます。厚生労働省のHPに算出方法のリンクがあるのですが、内容を見ても普通の人はまず分かりません。
そのため、以下のサイトでシミュレーションするのがよいでしょう。

参考 生活保護の金額はいくら?生活保護の自動計算サイト

ちなみにですが、東京都千代田区、夫婦と小学生の子供2人で算出すると、大体263,200円/月となります。
なるほど、ちまたで貰いすぎといって反発が生まれるのもなんとなくわかる気もしますね。
同じ条件で東京都の奥多摩で算出すると、
219,470円/月となります。

我が家は生活レベルが低い方ですが(特にストレスなく生活できているので問題ない)、これだけあれば最低限どころかゆとりをもった生活ができますね。

Яei

俗に言われるように、生活保護はむしろ貰いすぎという意見。時代の移り変わりとともに、日本の平均年収も下がったために批判意見が強くなってきたのだと思います。個人的には、生活保護貰いすぎ!というよりかはどちらかというと給与上げろ!の方が日本によい循環をもたらすような気もしますが、人の数だけ様々な意見は出てきそうですね。

まとめ

一部の不正受給者や傲慢な受給者が取り上げられて生活保護はイメージが悪くなっておりますが、日本のセーフティネットの役割として誇るべき制度だと私は思います(もちろん、課題はたくさんあると思いますが)。

義務教育で教えても良い制度だとも思います。
この制度があるからこそ、人生いろいろチャレンジできる部分もあると思います。

少なくとも、知っておいて損はない制度だと思います。