【日本一分かりやすい】遺族年金とは何か?


こんにちは。Яeiです。
この記事では遺族年金とは何かについて日本一分かりやすく解説していきたいと思います。

目次

目次
今いるのはここです
当記事の目的
当記事での目的について説明致します。
結論
結論を述べさせて頂きます。
詳細説明
詳細な説明をさせて頂きます。
まとめ
最後にまとめさせて頂きます。

当記事の目的

当記事では遺族年金とは何かについて日本一分かりやすく解説させて頂きます。

遺族年金は例えば一家の大黒柱が亡くなった際に残された家族の支えとなる年金制度となります。こちらを知っておくことで、不要な生命保険に入らずとも保険の代わりとして将来への不安に備えることができるかもしれません。是非とも覚えておきましょう。

Яei

遺族年金は将来への不安に備えることができる強力なものとなります。生命保険など将来への不安のために備えている人も多いかと思いますが、遺族年金を知っておくことで、その生命保険を解約したり、数を減らしたりできるかと思います。
国の制度は学校では教えてくれないので(教えてくれても暗記するだけなので身にならない)、知らないと損するんですよね。この制度を知っているだけでも悪徳な生命保険に加入してしまう被害者がぐっと減るのではないでしょうか。

かねごんくん

結論

遺族年金とは、
国民年金または厚生年金保険の被保険者または被保険者であった方が、亡くなったときに、その方によって生計を維持されていた遺族が受けることができる年金のこと。

遺族年金には、「遺族基礎年金」「遺族厚生年金」の2種類があり、亡くなられた状況に応じて受給対象や金額が変わってきます。

遺族基礎年金は、年額780,900円+子どもの数×224,700円となります。
(ただし、第三子からは74,900円)
こちらは子どものいない配偶者には支給されません(ただし、代わりとして「寡婦年金」や「死亡一時金」などが支給される可能性があります)

また、遺族厚生年金については、計算がかなり複雑になります。かなり複雑になりますので、遺族基礎年金を含めていくらもらえるか以下のサイトを参考にされると良いと思います。

参考 【保存版】遺族年金の受給額はいくら?受給金額の早見表一覧ライフィ

Яei

例えば、サラリーマンの夫が亡くなった場合、子どもがいる場合は月額で10万円以上もらえることになります。
これがあれば生命保険を複数かけたりしなくても良さそうな気がしますね。

かねごんくん

詳細説明

1.遺族年金とは

遺族年金とは、
国民年金または厚生年金保険の被保険者または被保険者であった方が、亡くなったときに、その方によって生計を維持されていた遺族が受けることができる年金のこと。

遺族年金は「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の2種類に分かれております。

受給資格や要件は以下をご参照下さい。

参考 遺族基礎年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)日本年金機構 参考 遺族厚生年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)日本年金機構

なおさらなる詳細や、遺族年金対象外の場合に、受給できるかもしれない寡婦年金や死亡一時金などについては以下のサイトがまとまっていて分かりやすいと思いますので興味のある方は見てみると良いと思います。

参考 遺族年金とは?いつからいつまでが受給期間?種類や支給金額、手続きの流れをわかりやすく解説ナビナビ保険

まとめ

遺族年金について、今すぐに必要な制度ではないかもしれませんが、知っておいて損する制度ではありません。

少なくとも、民間の保険ですべてまかなおうとするのではなく、この遺族年金でまかなえない部分を民間の保険でまかなう、といった使い方が良いのではないでしょうか。
自分の貯蓄額あるいは投資額と遺族年金を考慮して、自分が亡くなってしまった際に残された家族が路頭に迷わないようにするのは大切ですが、保険をかけ過ぎてしまってないでしょうか。

その積み立て額を拠出できるのであれば、数年だけ掛け捨ての保険で、それ以降はその貯蓄を運用した方がよっぽどいざという時の資金になったりもします。国の制度で活用できる物はどんどん活用していきましょう。

ただし、国の制度は時より変わりますので、ニュースはしっかりとチェックしておきましょう。