【日本一分かりやすい】国民の義務とは何か?


こんにちは。Яeiです。
この記事では国民の義務について日本一分かりやすく解説していきたいと思います。

目次

目次
今いるのはここです
当記事の目的
当記事での目的について説明致します。
結論
結論を述べさせて頂きます。
詳細説明
詳細な説明をさせて頂きます。
まとめ
最後にまとめさせて頂きます。

当記事の目的

当記事では国民の義務について日本一分かりやすく解説させて頂きます。

国民の義務に関しては小学生で習いますが、社会人で国民の義務を覚えている人はどれだけいるでしょうか。国民の義務というのは、「日本で生活する以上、必ず守ってね」といった内容になっております。
つまり、「当たり前」のことなのですが、当たり前が故に、社会に出てから「義務は何でしょう?」なんて聞かれることはありませんし、学生時代学んだことを忘れてしまうこともあるかと思います。

しかし、日本に住む以上、知りませんでしたでは済まされません。義務をまっとうしないとペナルティを課せられることもあります。必ずここで再度覚えておきましょう。

Яei

日本に住む上での必須事項なのに、なぜかあまり知識の定着をはかっていないような気がします。国民を信じてのことだと思いますが、毎年話があってもよいくらい重要なことだと思います。

結論

国民の義務とは、
「教育」「勤労」「納税」のこと。これを国民の三大義務と呼んだりします。

・教育の義務・・・親が子どもに教育を受けさせる義務。

・勤労の義務・・・みずからの勤労によって,生活を維持していく義務。

・納税の義務・・・税金を納める義務。

Яei

勤労の義務は、強制労働ということではないですので勘違いしないようにして下さい。

詳細説明

1.国民の義務とは

国民の義務とは、
「教育」「勤労」「納税」のこと。これを国民の三大義務と呼んだりします。それぞれ、以下の通りとなります。

・教育の義務・・・親が子どもに教育を受けさせる義務。

・勤労の義務・・・みずからの勤労によって,生活を維持していく義務。

・納税の義務・・・税金を納める義務。

そもそも、なぜこのような義務が強いられているのでしょうか。それは、日本という国は助け合いで成り立っているからです(日本に限りませんが)。
例えば、年金制度や保険制度です。年金制度は働ける世代が少しずつお金を出し合って、働けない世代にお金を回す制度です。当然、自分が働けない世代になったら、逆にお金を貰う側になるのです。これによって、老後の不安が解消されます。

また、保険制度についても、普段少しずつお金を出すことで、いざ病気になったときなどに安価な額で医療を受けることができます。

日本はこういった助け合いの制度で成り立っている国ですので、当然こうした助け合いの仕組みを無視する人がいてはこれらの制度が成り立ちません。
こういった理由から「日本で生活する以上、義務として守ってね」という決め事が必要で、これが国民の3大義務となるのです。

2.教育の義務

まず、「教育の義務」になります。
「義務教育」という言葉を必ず一度は聞いたことがあると思いますが、義務教育は「親が子に教育を受けさせる義務」になります。

よくある勘違いに「子どもが教育を受ける義務」と思っている人もいるかもしれませんが、それは違います。子どもが持っているのは教育を受ける権利であって義務ではありません。

では、なぜ子どもへの教育を義務化する必要があるのでしょうか。

義務教育の目的とは,「人間力」を備えた市民となる基礎を提供すること。つまり,社会に生きる市民として,職業生活,市民生活,文化生活などを充実して過ごせるような力を育むことと言える(生きる力)。

(文部科学省HPより)

とあります。つまり、生きる力を養うために、すべての国民を一定水準まで教育する必要が生きる力の向上に繋がるので義務として入っているのです。

社会人の方は、教育の大切さはイメージにたやすいと思います。知識がなければ搾取されますし、泣き寝入りして損をしてしまうことが多いです。
また、知識がなければ治安も悪化することでしょう。日本で生活するために、最低限の知識として教育を受けさせることが義務となっているのです。

Яei

教育を義務化することは素晴らしいことだと思います。が、義務教育の内容については問題は大いにありそうです。時代とともに、生きる力は変わっているはずなのですが、本当に必要な生きる力(例えば金融リテラシーなど)はあまり重点的に教えられていないように思われます。

3.勤労の義務

次に勤労の義務です。名前だけ聞くと強制的に働かされるのでは?と思うかもしれませんが、そういったわけではありません。極論、次に述べる「納税」さえしっかりしてもらえれば働かなくても罰せられることはありません(義務なのに)。

そのため、努力目標に近い義務かもしれません。

そもそもなぜ、勤労が義務として掲げられているのか。これも助け合いの観点が強いのかもしれません。日本は資源大国ではありません。労働をして、生産して成り立っています。例えば、皆が働かなくなったら食べるものに困ります。海外から輸入するにしても働かなければお金がありません。

つまり、国を運営する上で、労働は必須になるのです。食べるものに限らず、何かするにも誰かが働いてくれているから成り立っているので。
そのため、「頼む、国を運営するためには働いてくれ」といった感じで義務に掲げられております。

Яei

日本で生活する以上、働いている人がいるので経済がまわっております。そのため、働くことは義務ではありますが、感謝の念を忘れないようにしましょう。

4.納税の義務

最後は納税の義務です。教育の義務と同じくらい大切な義務になります。

日本という助け合いで成り立っている国にとって、助けが必要な人に対してはお金が必要になります。例えば、働けない高齢者や医療を受ける人(医療費はとても高いです)。

このお金をどうやって確保するか。それが「税金」となります。小難しく、重くのしかかる用語のため「会費」と思っておくとまだ積極的に納めようと思えるかもしれませんね。

日本に住む上で、毎月会費を徴収されます(あるいは消費税などは買い物の都度ですが)。この会費が高齢者への年金や、医療を受ける人への補助金として使われます。

この助け合いの制度のポイントは「会費」がないと成り立たない点です。そのため、日本で生活する以上、助け合いの仕組みの上で生活することになりますので、会費を払うのは義務として当然なのです。

まとめ

国民の三大義務については必ず覚えておく必要があります。
しかし、案外覚えていない人も多いのではないでしょうか。
日本に住む上では当たり前の話になってきますので、覚えていない人は必ず覚えておきましょう。