【日本一分かりやすい】雇用保険制度とは何か?


こんにちは。Яeiです。
この記事では雇用保険制度とは何かについて日本一分かりやすく解説していきたいと思います。

目次

目次
今いるのはここです
当記事の目的
当記事での目的について説明致します。
結論
結論を述べさせて頂きます。
詳細説明
詳細な説明をさせて頂きます。
まとめ
最後にまとめさせて頂きます。

当記事の目的

当記事では雇用保険制度とは何かについて日本一分かりやすく解説させて頂きます。

雇用保険は仕事を失ったり、働けなくなった際に、所得の保障や就職支援をしてくれる保険になります。勤労は国民の義務でありますが、義務であるからこそ、勤労を支える仕組みがあるのです。

Яei

転職が当たり前の時代になってきた昨今、この雇用保険を活用する人も増えてきたのではないでしょうか。この制度を知っておくと、転職時もじっくりと悩む時間が取れたりするかもしれません。
国の制度はなんでもっとちゃんと教えてくれないのか不思議で仕方ありません。

かねごんくん

結論

雇用保険とは、
失業したときに次の仕事に就くまでに必要な給付(所得保障や再就職支援)を受けられる制度のこと。

社会保険の一種であり、もっと細分化すると労働保険の一種となります。

保険の仕組みは助け合いの仕組みです。普段会費を毎月取られる代わりに、自分に何かあったときは支援してくれるのが保険となります。つまり、雇用保険では毎月のお給料から社会保険料の一部として、引かれているのです。

参考 【雇用保険の基礎知識】加入条件は? 失業手当以外にもさまざまな給付が!ジョブメドレー

詳細説明

1.雇用保険とは

雇用保険とは、
失業したときに次の仕事に就くまでに必要な給付(所得保障や再就職支援)を受けられる制度のこと。

保障内容は多岐に渡すのですが、「雇用に関して困ったときの保険」と覚えておくと保障対象となっていることがあったりします。

例えば、失業した際は基本手当。病気やケガで長期間働けない場合の傷病手当。育児のために会社を長期間休む場合の育児休業給付などなど。雇用に関わる面でセーフティネットのように機能してくれます。

詳細は以下がまとまっていて分かりやすいのでご参照ください。
ポイントは「働きたいのに事情があって働けない」場合に手当を受けれる場合が多いです。

参考 雇用保険とは? 概要から加入対象、手当の種類まで解説freee

2.加入対象者

次の両方を満たす場合、雇用保険に加入することが義務付けられています。
ここで、パートでもアルバイトなどは関係ありません。

・1週間当たりの所定労働時間が20時間以上であること
・31日以上引き続き雇用される見込みや予定があること

3.保険料額

先ほども説明しましたが、雇用保険は助け合いの仕組みです。毎月会費を払っていることになるのですが、これはどの程度払っているのでしょうか。

雇用保険の保険料は「労使折半」といい、従業員と会社(雇用主)の双方で負担する仕組みとなっております(会社側からするとなんでやねん!って感じかもしれませんが)。

現状、従業員は所得の0.3%を毎月の会費として払っていることになります(雇用保険料率は0.9%になります)。
例えば所得が20万円の人は、600円を毎月支払っていることになります。

毎月600円で失業時の保障や育児休業給付など受けられると考えるとかなりのお得な保険なのではないでしょうか。

参考 【雇用保険の基礎知識】加入条件は? 失業手当以外にもさまざまな給付が!ジョブメドレー

まとめ

雇用保険制度は労働者にとって心強い味方となってくれます。
この制度を知っているのと知らないのとでは、気持ちの部分でもかなりの違いが出てきます。

失業が怖いから今の会社を辞めることができない。転職ができない、などの話はよく耳にします。でも、こうした社会制度がありますので、もう少し方の力を抜いて、頼るところは頼って生きてみてもよいのではないでしょうか。